いつも100%

いつも100%

疲れるような、でも充実感でいっぱいです。

夕食後は、まあ普通にお風呂に入って寝るだけ。眠たくない場合は、本を読むかテレビを見るか・・・。夫が割と早めに帰って来てきれば、お風呂から出てきた夫の髪の毛を乾かしてあげる。就寝時刻になれば二人で布団に入り寝るまで、くだらないおしゃべりをする。(ほとんど夫が先に眠ってしまい、イビキをかく。これを聞きたくないから、先に眠りたいのだが・・・)これが、私の1日の様子。こんなに夫のお世話をする話が長くなるとは、思わなかった(笑)要は、夫に対してまるで母親の様に世話を焼いているのだから、息子だとさらに症状が悪化するわけ。まだ言葉があまり解らない子供相手なので、変顔をして笑わかせたり、ボール遊びをしたり、つみきで遊んだり。私は、性格的に手を抜くことができないので、相手が誰であろうと真剣に100パーセントの力を出すものだから、とても疲れる。本当に疲れる。会社員時代の大人相手はどれだけ楽ちんだったか!!話せば、理解してくれるし、こちらの立場や状況を察してくれるし、頂きもののお菓子もくれるし。いい事ずくめ。会社で文句や愚痴ばかり言う人がいたら、替りに働いてあげるから、子育てしてよ!と言いたい。さて、余計な話はここまでにして、本題に戻るとする。ギャン泣きの話。